どもワドるるるでっす

最近はテスト期間やらなんやらで全然感想記事をかけてなかったのですがやっとテスト期間が終わったので今回から感想再開といこうと思います。

以下ネタバレ注意でごわす




























姫松/122700
臨海/121800
清澄/99200
有珠山/56300

前回はこんな感じの得点で終わりました。清澄はもう少しで2位にたどり着けそうですが有珠山はけっこうきつそうです。


まず今回は咲さんがネリーから2600を和了るところから。そしてその次の局すぐにカン!

2015-12-05-11-46-34

個人的に好きな爽さんの意味の分からない言葉シリーズ。かっこいいです

そして嶺上和了。さあどんどん咲さんの独壇場になっていきます!

姫松/119700
清澄/113800
臨海/113200
有珠山/53300

この和了で清澄が二位に浮上。臨海は三位に落ちてまいましたね。

2015-12-05-11-47-07

久部長が二局前に咲さんが和了った2600点はネリーの差し込みによるものだと思うところ、爽さんも気づきます。どうやらあの時の2600点はもっと高くなりそうな手であったのです(牌姿は不明ですが)。

そして有珠山もまたまた離されます。しかし有珠山の反撃はここからだ!

だが…現実はそう甘くはない…


臨海の控室、何やらミョンファさんが「今回はこの局からでしょうか」と意味深なことをつぶやきます。

2015-12-05-11-47-20

それに対してヴィントハイムさん。ここまではスポンサーは織り込み済みだと!?

それほどなのかNelly Virsaladze…

それにしてもこのヴィントハイムさん、イケメンですね。惚れました


どうやらここからネリーの反撃が始まってしまうのかという暗雲立ち込める雰囲気になってきました。

と、ここで末原先輩からネリーに対して考察が。

image

しかしこれだけではなく、過去の牌譜も見ても不可解な振り込みがいくつかあるらしいです

そして今度はネリーさんご本人から直接。

どうやらネリーさんは自分の運の波を感じることができ、運が悪い時は他家の手が高くなる前に差し込み危機を回避するするような打ち方をしていたらしく、ここまでも手は抜いてないようです。そして昨日から最大の波が来るように調整していたらしいです。

ちなみに波の具体的な調整方法はまだ分かりません。

2015-12-05-11-48-43

そして飛翔!w

アニメ一期エンディングの時の奴ですね。もうあの時から六年も経っているので、なんかやっとって感じがしますね(まあリアルタイムでは見てないんですか)。

そして、爽さんが牌を捨てた途端、

image

ロン!24000!!

有珠山はさらに離されてしまいます。
しかし爽も負けじと雲を二つ使いますが…

2(オリ)

ツモ!6000・12000!!

3(サミ)

ツモ!6000・12000!!

ななななんと!ネリーの三倍満三連続和了!!

これで点数は

臨海/185200点
清澄/101800点
姫松/101700点
有珠山/11300点

となってしまいました!有珠山絶体絶命!姫松は三位に転落してしまいました!

ネリーがついに本性を現して面白くなってきました!これは次回に期待ですね。

というわけで、今回はここまで!



と、読み終わりツイッターのTLなどを確認してたら…













準決勝終わってましたw

咲さんが2600点を和了った時に東4局で、ネリーは起家なので南一局に親でした。なので南一局に咲さんが嶺上で和了り、南二局、南三局、南四局とネリーが怒涛の3連続和了だったので終了していたと。

TLで「準決終わったか」みたいなこと書かれてて驚きましたよ。それもそれも「準決勝、決着ーー!!!」みたいなのも入らなかったのでまったく気づきませんでしたよ。もうネリーの連続和了にただただ驚くだけでした。

と、いうわけで決勝戦は

白糸台
阿知賀女子
清澄
臨海女子

となりましたね。

いやーついに咲-Saki-本編にも阿知賀女子が主要で登場するのか…。長かったです…

ではでは